外部からの侵入者を撃退|防犯カメラの正しい選び方

男性

短時間の施設警備も可能

警備員

人の出入りが多い会社や、工事現場の整備にはガードマンが必要になってきます。警備会社に依頼すると、短時間からでもスタッフを派遣してくれるので、安心して安全な環境を維持することができます。

More...

防犯対策の見直し

カギ

家の玄関は、防犯対策の要となる場所です。鍵が壊れていては、外部からの侵入者を防ぐことができません。壊れたまま使用している方は、札幌の専門会社に依頼して直してもらいましょう。

More...

画像の鮮明度と本体サイズ

セキュリティカメラ

泥棒やストーカーなど、世の中何かと物騒な話題も多く、一人暮らしが不安になることもあるでしょう。ですが、自宅に防犯カメラを設置することで、危険から身を守ることができます。一言で防犯カメラと言っても、バリエーションの豊富さに驚くでしょう。本体サイズの大きさから、画像の鮮明度まで実に様々な仕様となっています。設置する場所や目的に合わせて選ぶことができます。

室内の状況をより鮮明に記録したい、そのような場合はフルハイビジョンの防犯カメラがオススメです。通常のハイビジョン防犯カメラが、130万画素のところフルハイビジョン防犯カメラは、220万画素となっています。この画素数なら室内の細かな部分まで、はっきりと映し出すことができますし、もしも侵入者がいた場合でも顔や体の特徴まで鮮明に記録してくれるはずです。この画素数の商品なら、人の出入りが多い飲食店や商業施設で活躍してくれます。設置する場所の違いによって、映像の雰囲気が変わってきます。専門会社に依頼して防犯カメラを設置する際は、詳しい要望を伝えておきましょう。設置後は映像の状態を立ち会って確認することもできます。

防犯対策を完璧にしたい方は、室外にも一台カメラを設置しておくと良いでしょう。室外に設置する場合は、100万画素から130万画素を目安に商品を選ぶことをおすすめします。この画素数なら、人物の大まかな特徴や車のナンバーも識別することができます。これより低い画素数のカメラなら、防犯アピールとして活用することができます。

防犯整備士と相談する

防犯カメラ

防犯対策のために、住宅や施設内に監視カメラを設置する方が増えています。サイズや画素数など様々なタイプがあって、選ぶことに迷ったら防犯整備士に相談して最適なカメラを設置してもらいましょう。

More...